道に迷いました…

ドラクエXを楽しむブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 花火大会騒動についてTOP冒険日記 ≫ 花火大会騒動について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

花火大会騒動について

今回はちとまじめな?お話を。

一連の花火大会騒動についてです。

この騒動の発端は8月31日に実施されたプレイヤーズイベント「2014アストルティア納涼花火大会」なわけですが、詳細はヨコヅナ氏が「2014アストルティア納涼花火大会まとめ(仮)」というかたちでまとめてくれてますので、そちらをご参照ください。

ちなみに僕はこの花火大会には運営はもちろんのこと、協賛としても観客としても一切関わっていません。

なぜなら事前の告知を見た瞬間に「こら、やばいな!」と直感したからです。

今回の騒動が炎上している背景には、僕と同様に開催前からこのイベントに懸念や嫌悪を抱いていた方が多数いたからではないでしょうか。

「ほらみろ!」「やっぱりね!」「やっちゃったな!」「馬鹿ばっか…」などなど

イベント開催直後から鬼の首を獲った感を味わった方が多数いたはずです。

で、この騒動の本質をズバリ言うと…

今回のイベントは「プレイヤーズイベント」に見せかけた「ブロガーズイベント」だったということです。

確かに参加者はプレイヤーですからプレイヤーズイベントとも言えるかもしれませんが、問題なのは「開催目的」です。

このイベントの開催目的はいうまでもなく「規模」です。

アストルティアで最大規模のイベントを実施するということは告知の段階からも名言されていました。

開催目的が「規模」というのは日本語としても少しおかしいですし、わかりにくいのでもう少し突っ込むと…

あえて固有名詞を出しますが今回のイベントは、バトルサイボーグのゆうたん氏やフランフランのゆうか氏など、ブログランキング上位の人気?ブロガーたちが結集して開催されたわけです。

なぜ彼らが規模にこだわったのかは簡単で…

「人気?ブロガーとしての自己顕示欲を満たす」
「イベントによるアクセスアップ」
「あわよくばアフィリエイト収入も(ごにょごにょ)」(これは一部のブロガー)

といったところです。

つまり、これが開催目的です。

開催したブロガーたちは「多くのプレイヤーの交流の場をつくりたかった」等が目的だというかもしれません。
(実際、そういう気持ちもあったのでしょう。)

しかし、意識してか無意識かは別としても真の目的は上記3つに集約されると思います。

目的がこれらであれば、もはやプレイヤーズイベントではなく、「ブロガーズイベント」なわけです。

このイベント開催直前に運営から「プレイヤーズイベントのガイドライン」が発表されました。

これは今回のイベントを懸念した運営からの「警告」だと僕は思いました。

実際このこのイベントは1年前にも開催されており、サーバー負担等の問題を露呈していました。

しかしながら、このガイドラインを運営からの警告と受け取ることなく、むしろ運営からの「応援」と感じた関係者もいたようです(ぇ

開催内容を見直すチャンスがここにあったにも関わらず、これを軽視し内容を見直すことなく開催してしまった責任は大きいです。

なぜ、ここで引き返せなかったのか?

その答えは開催目的が「規模」だったからに他なりません。

それをよく表している現象が開催直後の各ブロガーたちのブログ記事にあります。

ほとんどのブロガーが「大成功」と記しました。

たしかにサーバーに負担をかけ、ドラキーを登場させるほどの規模になったわけですから彼らの目的は達成されたわけで「大成功」なのでしょうw

しかし、ガイドラインに明記された1サーバー700というサーバー負担の上限すら無視(1000)して開催を強行し、サーバーに”故意に”負担をかけ、ドラキー出動という運営にも迷惑をかけ(ちなみにドラキー出動さえも運営の応援と感じた関係者もいるらしい)、ましてやイベントに関係ない多くのプレイヤーにも迷惑をかけた事実がある以上、「大成功」などと思ってしまう感覚は本来ならないはずなのですが、これを「大成功」と感じてしまったこと自体が先述の「開催目的=規模=ブロガーのオナニー?」ということを示しています。

開催後に問題となっている花火の管理問題(あえて横領や転売疑惑にはふれませんが…)も、この開催目的では管理する意識すらなかったと考えればわかりやすいですよねw

大成功と記されたこのイベントは他の成熟したオンラインゲームならば単なる「テロイベント」でしかありません。

PKやMPKがないドラクエオンラインにおいて、サーバー負担により他ユーザーや運営に迷惑をかえる行為は最大のテロ行為といっても過言ではありません。

今回の花火大会騒動は、たしかに叩き方に問題のある人たちも多いですが、叩かれるべきイベントであることは間違いないです。

なんでこんなに騒ぐの?という方も多いと思いますが、今回のような問題は運営が関与して収束することがしにくい(できない)内容であり、プレイヤー間のそれなりの自治感が必要となります。

成熟したオンラインゲームには必ずある程度のプレイヤー間での自治が存在し必要とされます。

ドラクエオンラインもこれだけの人気オンラインゲームになったからこそ、こういった問題がプレイヤー間によって解決されていくことも多くなるでしょう。

そういう意味では、今回の花火大会騒動はドラクエオンラインがオンラインゲームらしくなってきたという象徴なのかもしれません。

で、なぜ僕なんかがわざわざこの問題を記事にしたかというと、たかがゲームといえ、オンラインゲームでは自分(自分たち)の行為によっては、大きな問題として炎上する可能性を秘めており、ときには他人の行為に巻き込まれて問題になってしまうこともあるということ、そして、その場合に大きな責任とリスクを負う可能性を秘めていることをお伝えしたかったからです。

もう昔の話になりますが、うちのチームでも些細なことではありますが、問題を抱えたプレイヤーがいた際に、厳しい対応をしたことがあります。

それは、そのプレイヤー自身はもちろんのこと、周りのチムメンやフレンドも含め、思わぬかたちで大きな問題と発展してしまうことがあるのがオンラインゲームだからです。

ですので、普段は仲良く、また、楽しくやっているゲームですが、ときには互いの行為を忠告することも必要なのがオンラインゲームを長く楽しむために必要だということです。

そういう意味では、今回の花火大会において、数多くの関係者が存在したのにも関わらず、開催前も開催直後も問題が大きくなるまでの間に、誰も問題提議や忠告をできなかったことが最大の欠陥だったと思います。

やはりこのイベントはブロガーズイベントであったがゆえ、規模こそ大きくなりましたが、本当の意味での信頼関係が一切存在しないイベントではなかったかと思います。

つまりプレイヤーズイベントではなかったということにたどり着きますね。

最後に、この花火大会騒動の行く末ですが、主催のゆうたん氏が声明文(声明文にはなっていないが…)の発表とともに実質的なブログ閉鎖を決めたことにより、本来なら収束すべきところにきたと思います。

騒動になってからのゆうたん氏の対応の悪さは際立ちましたが、関係者のムミン氏もご指摘のとおり、そもそもその器ではなかったのは明白で、そう考えれば、ゆうたん氏としてできることはやったと理解します。

キャラデリまで求める声もありますが、そこまでの必要はなく、ブロガーとして引き起こした問題なわけですから、責任のとり方としてブログ閉鎖は妥当であると思いますし、大きな代償を払ったわけですので、収束すべきと考えます。

しかし、残念なことにフランフランのゆうか氏の存在がそれを許さない状況にあります。

主催者でないゆうか氏ですが、サーバー負担をかける規模の参加者を集める最大の媒体となっていたこと、また、それにもかかわらず、まともな声明や対応をしないまま、ブログ再開をし、しかも、一部炎上を煽る行為も行い…。

ある程度知識がある人がみればわかることですが、とにかくゆうか氏はランキングアップとアクセスアップ、アフィリエイトに執念を燃やしていますwww

ながながと記事を書きましたが、この花火大会騒動の本質を理解すると、最もこの騒動の象徴的存在といえるゆうか氏がこのままではこの騒動は収束しないでしょう。

今回の騒動に関係してしまったブロガーの中にはまともにゲームもブログも楽しんでいる優秀なブロガーも多く存在します。

しかしながらゆうか氏のようなブロガーはプレイヤーとしてもブロガーとしても最低だなと思います。

たとえ、今回のことが風化したとしても彼はいつか再びなにかしらの問題を引き起こすと思います。

ま、こういうやからがいるのもオンラインゲームっぽくていいかもだけどね。。。

いずれにせよゆうか氏にはきちんとした対応をし、この問題を収束させる責任があることを強く言っておきますw


追記(チムメンやフレさんへ)

この記事を読んだ結果、僕の日常的な「セクハラ発言」を問題視するようなことはご遠慮ください(ぁ

 





スポンサーサイト

Comment

編集
言いたいことはわかるけど、所々に悪意のある解釈で断言してるのが、残念です。

性悪説支持派なのかな。
2014年09月29日(Mon) 01:15
Re: タイトルなし
編集
> 言いたいことはわかるけど、所々に悪意のある解釈で断言してるのが、残念です。
>
> 性悪説支持派なのかな。

コメントありがとうございます。
言いたいことがわかっていただけただけでも幸いです^^
処々に悪意のある解釈での断言に関しましては、僕自身は悪意はございませんが、
この問題に関しては個々に解釈の違いもあるでしょうし、
確かに僕の記事の書き方に悪意ではないんですが、
嫌味的なニュアンスが一部含まれてるのは事実ですので、不快に感じられたとしたらごめんななさい。
それと、性悪説を支持しているということもございません。
むしろ性善説がこの問題に存在しているのならそちらを支持したい気持ちでいっぱいです。
僕なりにこの問題を検証?した上で記事にさせていただきました。
また、なによりもチムメンやフレさんにこのような問題によって不利益を生じて欲しくないとう思いだけで記事にさせていただいておりいます。
記事終盤にゆうか氏にふれている件に関しましては、僕の本音でありこちらも悪意はございません。
また、記事にも書いておりますが、今回のイベントに関係したブロガーさん全てを批判するつもりはございませんことを改めて申し上げると同時に、そのあたりの記述が薄かったかなと思っております。
久々にまじめに?記事を書いたので至らぬ点もあろうかと存じますが、貴重なコメントをありがとうございました^^
2014年09月30日(Tue) 03:19
承認待ちコメント
編集
このコメントは管理者の承認待ちです
2015年07月04日(Sat) 20:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。