道に迷いました…

ドラクエXを楽しむブログ
TOPスポンサー広告 ≫ アストルティアを揺るがしたカジノ問題についてTOP雑記 ≫ アストルティアを揺るがしたカジノ問題について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アストルティアを揺るがしたカジノ問題について

アストルティアを揺るがしたカジノ問題。

カジノでキメラ
(懐かしい画像を発見wwwwwwww)

公式アナウンスがありましたね^^;
(詳しくはこちら)

今回明らかになったことを整理すると…

・逆天井は負けすぎた人のための救済措置として導入されていた仕様だった

・その仕様がユーザーの分析の結果攻略に使われたことは不正ではない(=お咎めなし)

・だけども8人固定で強制的にレイドが出せてしまうのはゲームデザインとしてよくない(=修正)

・一方、逆天井でない「無限レイド」「永久レイド」なる不具合があり、その不具合利用による不正プレイがあったことが公に(=これは処罰対象)

・今回の件を受けて、レイド発生条件をシンプルな抽選方式にすると同時に発生確率を大幅アップ(=ユーザーのガス抜き?w)

といった感じです。

アストルティアでは逆天井プレイヤーに対する厳罰やロールバックを臨む声が多かったですが、運営の対応は大人の対応?(決していい意味ではない)となりましたね。

さて、今回の問題に関して個人的な見解を書きたいと思います。

●問題1)オフライン脳なゲームの仕様
オフラインゲームならまだしも、オンラインゲームで、しかもカジノというコンテンツにおいて吸い込み天井的なロジックを導入していたことは大問題。

カジノ実装時にスタッフ間で問題意識を持つ人間がいなかったのだろうか?

りっきー自体どうもこの仕様を正確には理解していなかったことが伺えることからスタッフ間で仕様の共有が徹底されていないのでは??

で、何がいいたいかと言うと…

カジノ以外のコンテンツにおいても、ドラクエ内の抽選系ロジックにこのようなセンスレスな仕様があるのではないかということです。

●問題2)オフライン脳な運営
更に問題なのは多くのユーザーが指摘している運営の初動です。

この問題が発覚した後に、公式なアナウンスがなく、りっきーが曖昧なコメントを広場に残したのみで、今回の対応にいたりました。

まず問題発覚後にドラキーによるアナウンスやカジノサーバーを閉鎖するということがなぜできなかったのか?

途中段階でも一定の見解を発表することがなぜできなかったのか?

多くのユーザーが同時にプレイし、競争原理もはたらいているオンラインゲームにおける問題発生時に「放置する」運営はユーザーの不信感が爆発するというのは、過去のオンラインゲームでも実証されていることですよね。

りっきーの公式アナウンスを読む限り、オンラインの運営になれていないスタッフ間で右往左往した気配も感じる一方、「牡蠣を美味しくいただいていた」人もいるので危機意識がまったくなかったのか・・・。

これまでのバトルバランスやスキルバランスの調整等も含め、オンラインゲームとしての運営能力に疑問がありすぎます。

●問題3)オフライン脳なユーザーモラル
ドラクエはもとはオフラインゲームで、これまでオンラインゲームを経験したことがないユーザーが多くいます。

発売から約3年がたち、こうしたユーザーも大分オンラインゲームに慣れてきたと思いますが、今回のような問題が起きたときに、起きている事を正確に理解できない方や、ユーザーとしてどう対応していいかわからない方も多いことでしょう。

お咎めなしとはなりましたが、今回の問題が発覚する中、日増しに乗り遅れまいと逆天井に率先して参加したユーザーのモラルは問われるべきでしょう。

また、悪意は無く単純に巻き込まれるかたちで、参加して(参加させられて)しまった方もいたことでしょう。

今回、運営の公式アナウンスの遅れや、最終的な対応方法がものがたっているのは、このようなユーザーが多くいたがために、先に記した”大人の対応(けっしていい意味ではない)”をせざるをえなかった部分もあると思います。

「ドラクエらしさ」とは何なのか?

ドラクエらしさ=オフラインらしさ

であれば、今回の問題を期に間違いなくドラクエXは衰退していくでしょう。

個人的にはドラクエらしいオンラインゲームを作っていって欲しいですね。

おそらくその答えがきっと…

ここに…

バージョン3.0

どや?

りっきー?

いい宣伝になったやろ~?

こういうふうにやるんだよっ!(ぁ

 






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。